page_top
家づくりに対する考え方

私が目指す家づくり

【家づくりに向き合うために大切なこと】
 これから家を建てようとお考えの建主様、あるいは本格的なリノベーションをお考えの住まい手の皆様へ伝えなければならないことがたくさんあります。 そもそも家というのは「建てる前はvirtualな情報のカタマリ」でしかなく、手にとって確かめることができない商品だからです。 私たちつくり手側から俯瞰する家づくりとは、カタチが見えない仮想的・擬似的な情報を暮らしのこと、法的なこと、間取りのこと、敷地のこと、デザインのこと、品質のこと、性能のこと、お金のことなどを住まい手の皆さまと一緒になって紐解く膨大な作業をお手伝いし、最適解へと近づける作業と言えます。
 さらに家づくりを支えさせているのは「工学(engineering)」です。
 工学はどうしたら目指す成果に結び付られるかという立場で安全性、機能性、機能性、保守性といった実用上の観点で価値判断を行うことです。
 素敵で快適で愛着が持続する家にするためには、その裏付けとなる理由が明確にあるということが大切なのです。 依頼先を決めるためには、家づくりの入り口にあたる「見た目のデザイン」だけに固執するのではなく、設計・施工・家守りをきちんと行い、建てた後もしっかり住まい手に向き合っている体制があるか否かが重要な判断基準になるはずです。
 当社の家づくりに対する考え方と現在継続して実践している10項目を次にまとめました。
 皆さまと素晴らしい出会いがあり、末長くお付き合いできることを切望しています。

1.明確な性能を確保した住まいをつくること

 耐震性能は万一の備えとして家づくりの中で最も重要な技術です。また温熱環境を整えることは、省エネルギーへ繋がり、地球環境や家計にもやさしいサステナブル住宅の必要条件です。

2.住まい手が愛着を持続できるデザインであること

 美しいデザインは住まい手が長く愛着を持って暮らす大切な要素です。弊社は設計部門を分社化し、アーキテクトビルダー(設計工務店)として都市で暮らす住まい手にデザイン性の高い住宅を提案して参ります。

3.現場で品質を貫くための監督力

 棟数を追わないこと、人づくりをすること、より良い家づくりをしようとずっと大切にしてきた行動指針です。それがあってはじめて良い大工や職人が集まり、確かな品質を維持し続けることが可能になります。

4.家づくりは建築業と製造業の中間にあるということ

 この仕事を続けてきて気付いたことがあります。住宅建築は製造業として意識することが大切だということです。大きさや形状やデザインがその都度変わったとしても、品質と性能を守るために必要なルールや手順、確認作業は、工場内で製品を生み出す工程と同様だからです。

5.住まい手のこだわりに応え、細部に至るものづくり

 住宅パーツの品揃えやオーダーキッチンをご提供できる独自な態勢は、情報開示の原点だと考えています。一見便利で機能的に見えるシステムと名のつく住宅設備や資材を疑ってみるのも大切です。きっとモノづくりの原点が見えてくるはずです。

6.環境に向きあった家づくりをすること

 時代は省エネルギーを求めています。弊社では一棟一棟毎に建物の断熱性能や燃費性能、一次エネルギー消費量を計算しています。家づくりを理科的、定量的に見据え、環境指標による評価を導入する取組をはじめています。

7.長持ちする家をつくり続けること

 国土交通省主管による長期優良住宅先導事業(採択団名:TO-IZ)に3年連続採択されるなど、長期優良住宅を数多く手がけています。高い技術レベルのハードルを設定し、それを超えることで住宅の長寿命化への取組みを強化してきました。

8.家守りをきちんとすること

 弊社には家守りの専任担当者がいます。弊社のように量を求めない工務店に専任担当者がいることは希有なことです。建てた後にも住まい手の皆さまにしっかり寄り添うことが、とても大切だとわかっているからです。

9.安全な工法や素材を吟味すること

 どのような工法や素材を使っても出来上がれば同じようなカタチ・デザインをつくることは可能です。しかし、そこに至った意味や根拠も知っておくことも大切です。技術的な裏付けや安全性などを吟味するプロセスも実は家づくりに欠かすことができないことなのです。

10.地域の工務店が主役になるための活動をすること

 家づくりをしっかりできる都内の有力工務店同士が協働して住宅の長寿命化へ取組む「東京家づくり工務店の会(通称:TO-IZ)」、重量木骨(SE構法)の全国の有志で始めた「つくり手の会」、さらに全国から100社以上が集って工務店のスキル向上を目指している野池学校を応援するなど、自社だけではなく、全国の有力工務店との輪を広げることにも取り組んでいます。
 ※野池学校は、2010年~2012年は弊社にて、2013年からは「forward to 1985事務局」が運営しております。詳細は「forward to 1985事務局」のホームページをご覧下さい。

東京で家を建てるなら・・・ 新築、リフォーム、メンテナンスのことなど、ご相談は参創ハウテックへ。

お問合せフォーム -お気軽にご相談ください-