page_top

構造性能

参創ハウテックが設定する構造性能「耐震等級2以上を実現させる」

 住宅のプランニングは、建物の構造性能に大きな影響を与えます。ひとつの空間が大きくなるほど、窓が大きくなるほど、得られる開放感とは裏腹に構造は不安定になってしまいます。
 さらに、大地震発生時の強い揺れから人命や財産を守るために、その方法を大きく分けると耐震・制震・免震の3つの考え方があります。耐震とは建物の骨組みなどを強化し、地震の揺れによる建物の崩壊を防ぎます。制震とは地震時に発生する建物の揺れを制震装置が吸収し、地震のエネルギーが建物に伝わりにくくして揺れを低減する仕組みです。免震とは地震の衝撃(揺れ)を吸収し、地震のエネルギーを建物に伝わりにくくする仕組みです。

 参創ハウテックが建てる木造住宅では、建物の規模や用途・敷地形状などを吟味した上で、次の表のような工法ルールとしています。

建物階層 建物の特徴 構造技術 耐震等級 工法
3階建て 狭小敷地 耐震 等級3 SE構法
2階建て 大空間・大開口 耐震 等級3 SE構法
2階建て 一般的な間取り 耐震 等級2~3 在来工法
2階建て 一般的な間取り 制震+耐震 等級2~3 在来工法
※耐震等級は可能な限り3を目標とし、等級1(建築基準法レベル相当/一般的な性能の家)はつくらない。
設計ルールと手順1-1 「SE構法で建てる」

 阪神淡路大震災の木造住宅の被害をきっかけに生まれたSE構法の最大のメリットは、ラーメン構造を採り入れた木造として他社に先駆けて国の公的機関による構造評定を取得し、設計自由度が高く、さらに強靭な骨組構造にあります。専門用語でredundancy【冗長性】といって、余力を備えたSE構法は、中越地震や東日本大震災においても、その性能を如何なく発揮しています。

 参創ハウテックでは、木造3階建て住宅やスキップフロアの住宅、大きな開口部や大空間の木造住宅にSE構法を積極的に採用しています。

SE構法で建てる SE構法で建てる 大空間を実現できるSE構法の構造躯体
設計ルールと手順1-2 「在来工法で建てる」

 比較的壁量が多い木造2階建てで、偏心率が安全圏内の間取りの建物なら、木造在来工法の家を建てることはまったく問題ありません。但し、2階建てでも安全性を確保するために、一棟一棟構造計算することと、木材のトレイサビリティを重視し、使用する構造材の素性を明確にすることをルールとしています。
 さらに、繰り返し襲う地震から建築物を守るために、金属流動を応用した次世代制震ダンパーもケースバイケースで採用しています。

在来工法で建てる 在来工法で建てる 制震ダンパーを用いて地震力を吸収、繰り返す揺れに性能を発揮します
設計ルールと手順2 「構造計算を必須条件とする」

 耐震等級3を実現するためのベースになっているのが「構造計算」です。私たちが実施している構造計算は「許容応力度計算法」と呼ばれるもので、設計した建物に地震力を与え、詳細な部材に至るまでそこにかかる力を求め、その力によって構造部材が支障をきたすような変形を起こさないかをチェックするものです。また、建物全体の変形についてもチェックを行ないます。
 こうした緻密な検討によってこそ、本来の構造設計ができると私たちは考えています。

構造計算を必須条件とする 構造計算を必須条件とする 一般的な木造住宅の構造計算は社内で行なう体制をとっています
設計ルールと手順3 「地盤調査を行い、分析し、その強さを担保する」

 建物自体の重さを支えるのは最終的に地盤です。地盤が弱ければ不同沈下によって建物に変形や損傷が生じることになり、地震力を受け止めることができません。建物と地盤をつないでいるのが基礎であり、「建物」→「基礎」→「地盤」という流れで力が伝わっていくからです。つまり、基礎と建物を構造設計する上で地盤の強さを知ることが不可欠になるわけです。
 参創ハウテックでは、すべての物件についてこのプロセスを厳守し、安全性を確認しています。

地形図を参照するところから設計がスタートします


必ず実施されるスウェーデン式サウンディングによる地盤調査

設計ルールと手順4 「耐圧盤(ベタ)基礎を標準仕様とする」

 住宅の一般的な基礎には、布基礎とベタ基礎があります。いずれも立ち上がり部分では地震力などの水平力や鉛直荷重によって生じる曲げに抵抗して建物の変形を防ぎます。
 また底盤部分では、鉛直荷重を分散しながら地盤に伝える役割を果たします。ベタ基礎は底盤部分が広く、鉛直荷重をより分散して地盤に伝えるほか、立ち上がり部分の変形や損傷を抑える構造となります。
 参創ハウテックがベタ基礎を標準仕様としているのは、こうした理由によるものです。

耐圧盤(ベタ)基礎を標準仕様とする 耐圧盤(ベタ)基礎を標準仕様とする 標準仕様としているベタ基礎の配筋の様子。鉛直荷重を面で支えながら全体に強度のある構造です
設計ルールと手順5 「構造材の品質を確保する」

 構造材における重要な品質とは、「強度」と「含水率」です。これが証明されることで、構造計算の精度が増し、乾燥に伴なう変形による問題が回避できるからです。

 参創ハウテックがSE構法や在来工法に使用する構造材は素性が明確な木材であり、且つ強度や含水率も明確になっているものです。また、その内容が記載された出荷証明書を発行することで、明快な情報公開を行なっています。

構造材の品質を確保する 構造材の品質を確保する 工場出荷前に行なう木材の含水率と強度試験の様子
現場の取組みとルール1 「現場監督を育て、現場品質を徹底的に守る」

 現代の家づくりにおける「監督」は、昔の棟梁の役割を果たしていると言えます。性能のことはもちろんのこと、広範囲の知識を持ちながら、目指す家づくりを実現するために現場での指揮者となるのです。

 参創ハウテックでは、そうした監督の役割を重視し、監督力を向上させていく教育システムを備えています。特に住まいにおける基本的な性能である構造性能などの品質を守るためには、監督力がモノを言います。

現場監督を育て、現場品質を徹底的に守る その力量と責任感を十分に発揮して現場を統括する、参創ハウテックの現場監督たち

現場の取組みとルール2 「標準図を遵守し空間美を求めて施工図を描く」

 参創ハウテックでは、住宅品質と性能を確かなものにするために、長い期間を費やして作成した標準納まり図を約束事として決めています。
 そのルールを現場で遵守し、繰り返すことでその品質が担保されます。
 また、「細部に神が宿る」という名言のとおり、職人が成り行きで施工した現場より、次工程や各作業の順番や取り合いをじっくり考えて統制し、詳細に留意して作業を行なった方が、良い家になることを知っています。構造と意匠を両立させるためには、現場力が必要なのです。

標準図を遵守し空間美を求めて施工図を描く 詳細な部分に至るまで施工図を描くことにより、精度の高い工事を行なうことができます

現場の取組みとルール3 「指示系統を統一し、現場のチェックを徹底する」

 住まいにおけるもっとも基本的な性能である「構造性能」を確実なものにするには、監督力がモノを言います。

指示系統を統一し、現場のチェックを徹底する 住宅品質を徹底的に守るために、完成すると見えなくなる主要構造を入念にチェック

指示系統を統一し、現場のチェックを徹底する コンクリート試験の様子
 数値に基づく構造設計の内容を理解しながら、それを経験豊かな現場監督が各職方に対して入念な指示やチェックを行ない、工程を管理しています。

>>構造性能  >>温熱性能  >>空気質環境性能  >>耐久性能

東京で家を建てるなら・・・ 新築、リフォーム、メンテナンスのことなど、ご相談は参創ハウテックへ。

お問合せフォーム -お気軽にご相談ください-