page_top

外張断熱工法への対応

安全な構造体は、その初期強度だけで済むわけではありません。建築物にとって大切なのは、まずはその構造体を長持ちさせ、万一の自然現象にも備える耐久性が必要になります。参創ハウテックでは完成後には隠れてしまう壁体内や床下空間などの温熱環境を最適化するために、次世代省エネ基準をクリアした自社オリジナルの外張断熱工法を採用しています。
さらに、深刻化する地球温暖(高温)化に対しても、独自の外張断熱工法を採用することで、必然的に、箱としての温熱環境性能が整い、住まい手に優しい温熱空間が完成します。
日射取得・遮蔽、冷暖房設備の提案など、イニシャルコストやランニングコストに配慮しながら、住まい手のライフスタイルに適したパッシブデザインなどの設計を行い、快適な暮らしを実現します。

■ 次世代省エネルギー基準「外張断熱工法」
   ・・・・IV地域において財団法人建築環境省エネルギー機構(IBEC)の型式認定等級4を取得しています。

外張断熱工法(屋根) 外張断熱工法(壁)

東京で家を建てるなら・・・ 新築、リフォーム、メンテナンスのことなど、ご相談は参創ハウテックへ。

お問合せフォーム -お気軽にご相談ください-