page_top

社長の清水の共著本「パッシブデザインの住まいと暮らし」が発行されました!

 この度、泰文館から「パッシブデザインの住まいと暮らし」が発行されました。
 この本は、温熱環境・省エネルギー関連の住宅アナリストとして活躍し、全国の地域工務店から絶対的に支持されている野池政宏さん、北関東を拠点に地域材を活かし、パッシブデザインを導入した家づくりに積極的に取組む小林建設の代表である小林伸吾さん、私が尊敬するお二方との共著です。
 自分が関わった本を出版するのは今回で2度目になりますが、当社がここ10数年間真剣に取り組んできた「快適性・健康と省エネルギーの両立」について、OBの建て主様の事例を交えてわかりやすく、纏まった本ができました。
 特に小林さんによる郊外型と当社の街なかのパッシブデザインを地域性の違いを踏まえて比較することで、より良い家づくりの本質が見え、今後の家づくりのために一助となると考えています。
                              株式会社参創ハウテック 代表取締役社長 清水 康弘
 
 楽天ブックスセブンネットショッピングでもご購入頂けます。(Amazonは在庫切れです)

「パッシブデザインの住まいと暮らし」

「パッシブデザインの住まいと暮らし」

書籍名: 暮らし上手が選んだ省エネ住宅「パッシブデザインの住まいと暮らし」
著 者: 野池 政宏、小林 伸吾、清水 康弘
発行日: 2016年12月1日 第1刷発行
発 行: 株式会社泰文館
発 売: 一般社団法人 農山漁村文化協会
定 価: 本体1,800円(消費税が別に加算されます)