page_top

平成20年度 第2回「超長期住宅先導的モデル事業」

「東京家づくり工務店の会」の提案が、第2回超長期住宅先導的モデル事業(国土交通省)に採択されました!国に認められた家づくり工務店となりました。

東京家づくり工務店の会 地産地消の家づくりで東京の森林を守ります。
通知

超長期住宅先導的モデル事業とは?

「いいものをつくってきちんと手入れして長く大切に使う」というストック社会のあり方について、具体的内容をモデルの形で広く国民に提示し、技術の進展に資するとともに普及啓発を図ることを目的としています。この観点から、先導的な材料、技術、システムが導入されるものであって、住宅の長寿命化に向けた普及啓発に寄与するモデル事業の提案を、国が公募によって募り、優れた提案に対して、予算の範囲内において、事業の実施に要する費用の一部を補助するものです。

国に認められた超寿命化のための提案

長期に亘り高い性能を保持する長持ちする家を実現させるシステム

複数工務店によるバックアップ

「東京家づくり工務店の会」に参画する厳選された工務店同士の連携・情報共有によるバックアップ態勢

耐震性の向上(性能表示/耐震等級2)

許容応力度設計による構造計算を行ない、規定性能を確保する。

構造の耐久性の向上

次世代省エネルギー基準(独自の方法による)の確保 → 構造体を結露による腐食から守る。
真壁構造 → 構造体の状況を目視できる/構造体を室内の空気に曝し、腐りにくくする。
床下換気扇の導入 → 計画換気

地元産材の使用

建物のLCCO2削減に貢献する地産地消を実現するために多摩産材認証材を利用。(全ての材料ではありません。)
トレーサビリティが確実なので、1本ごとに性能を確認した木材を使用できる。 → 耐久性・耐震性につながる。

見える化

温度センサー
漏水センサー
電気使用量モニター

メンテナンスの容易性の向上(性能表示/維持管理等級3)

壁の部分補修を容易にする壁のディテール
給水・給湯は鞘管ヘッダー方式の採用
家歴タイムカプセル

生活の変化に対応しやすい(性能表示/更新対策等級3・高齢者対策等級3)

真壁の特徴、柱間の壁がそれぞれ独立することを利用した。
間仕切りの取替を用意にするシステム(間仕切簡単取替え納まり+耐力壁ノート)
将来、老人室となることが予想される部分にあらかじめトイレ用の排水管等を設置しておく。

D1樹種の採用

真壁 → 室内に木材がムキ出し → 防蟻処理薬剤による室内空気汚染の不安。
上記に対しては防蟻対策には薬剤処理を要しないD1樹種(ヒノキ等)の材料を採用。

グレーディングの様子 床下温湿度計・漏水センサー 空気の循環

東京で家を建てるなら・・・ 新築、リフォーム、メンテナンスのことなど、ご相談は参創ハウテックへ。

お問合せフォーム -お気軽にご相談ください-